2006年10月21日

爆弾投下も不発…誰か、信管を叩け!!

 前のエントリの続き。

 きっこ女史が、イーホームズの藤田社長の判決に合わせ、爆弾を投下してた。判決後の藤田社長の会見で、同様の内容が報道各社へと公表されたのだが、今のところ「不発」と考えていいだろう。


 さて、問題はここから。

 藤田社長の会見内容は、建設業界どころか、安倍政権すら「ぶっ壊す」ほどの威力を持っているのは明らかなのだが、政権寄りの報道ばかりか、旧ソ連の政権幹部からも「我々よか左」と言われたことがあるらしい北海道新聞社は、判決の記事は18日付けの夕刊に掲載したが、翌日19日の朝刊には見当たらない。その代わりに札幌で起きた、「浅沼2級建築士による耐震強度偽装」関連の記事が堂々の第1面、その被害者の記事が第2社会面を飾った。


 本日アップされた「きっこの日記」には、藤田社長からの公開メッセージが掲載されている。【転載可】とのことなので、全文は最後に掲載するが、その中で藤田社長が語っている、「99%のマスコミが黙殺した」というのはどういうことなのか。

 この言葉を事実として−。

 まぁ、なんだ…答えは「簡単なこと」と言うか、つまりは「広告収入」が激減することに、この現象の根っこがあるんじゃないだろうか。ほぼ毎日の様に、新築物件の広告が折り込まれているし、紙面の広告スペースどころか、まるまる一面を使った広告をバンバンと出しているのは建設業界だ。

 この傾向は、ほぼ全国共通だろう。
 

 で、北海道新聞の場合、週末に近づくと新築物件の広告は異常な量になる。その背景には、札幌市内で新築マンションの建設が進んでいることにあろと推測できるが、建設業界を叩き、業界からの金が途絶えてしまえば社運に拘わるかどうかは分からないが、経常利益で相当なダメージを受けることになるだろう。チョー左な新聞社が「叩くに叩けない理由」は、それくらいしか見当たらないのだが。

 で、何故に浅沼関連の記事を…なのだが、ここは見方が二つに割れる。

 一つ目は、上記した「経営」という側面のため。発行部数の少ない夕刊にのみ判決記事を掲載したのは、「報道した」という既成事実を作るためとも読み取れる。それをスケープゴードとし、浅沼関連の記事で、徹底追求に流れかねない世論をかわした可能性。

 二つ目は、浅沼関連の記事は、現場(記者)の「報道の良心」という見方。最初の理由の場合、経営上層部からの「ひとこえ」で現場に圧力が掛かり、「ならば出来る限りを…」という事で、間接的に世間にこの手の問題を訴えた可能性があること。
 
 北海道新聞社の場合、新年早々に経営幹部が「とんでもないこと」をやらかした(と、一読者は思っている…つーか、確信しているw)前例があるだけに、この「ふたつの理由」は、実は「ひとつ」になっているじゃないか、という気がしてならないのだ。


 で、「とんでもないこと」に付随したお知らせ☆


北海道はこれでいいのか!『道政・道警・裏金報道』を考える集い

日時: 10月29日(日曜日)午後6時
場所: かでる2・7「かでるホール」
札幌市中央区北2条西7丁目
基調講演: 田原総一朗(ジャーナリスト)
パネルディスカッション: 山口二郎(北海道大学大学院教授)
原田宏二(元北海道警釧路方面本部長)
宮崎学(作家)
大谷昭宏(ジャーナリスト)
コーディネーター: 市川守弘(弁護士)
入場料: 1,000円
お問い合わせ: 10.29北海道を考える集い実行委員会
(TEL. 011-272-0500)



 以前のエントリで、少々茶化してしまったので、今回は真面目にお知らせします。



 本題に戻るが、以下に掲載する藤田社長のメッセージを、あなたはどう見る?!





   藤田社長からの 『公開メッセージ』
posted by さすらいの道民@管理人 at 00:44| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 戯言 - ネタとかも - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

「きっこ」が日記でテロ宣言?いや、それよりも…

 「耐震偽装問題」で被疑者のひとりとされ、唯一、別件で逮捕ている元イーホームズ社長・藤田東吾被告の判決が18日に出る。

 
 今現在、「ブログ界の女王」とも呼ばれているきっこ女史が、自身のブログ「きっこの日記」で、この件に関して「爆弾を落とす」という主旨のエントリを掲載した。

 彼女の言うところによると、藤田被告はこの問題で、ただひとり正面から向き合っている人物としているが、幣ブログでは「その裏付け」となる写真を入手した。それが以下のものだ。



















1136132125561.jpg


ほらね、藤田被告が居ないでしょ? ヽ(´Д`;)ノ

























il||li _| ̄|○ il||li つい、出来心で…






続きを読みますか? そうですか…
posted by さすらいの道民@管理人 at 18:01| ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 戯言 - ネタとかも - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

ナキウサギで「道新」VS「勝毎」

 北海道新聞WEB 2006年10月13日付記事(07時02分配信)

開発規制地に博物館建設へ 然別湖畔で十勝毎日新聞社 周辺にナキウサギ生息、保護団体が反対

 【鹿追】開発行為が規制されている大雪山国立公園の第一種特別地域内にある十勝管内鹿追町の然別湖南岸で、十勝毎日新聞社(帯広)が、老朽化して使われずにいる同町所有の元保養所を壊し、博物館を建設する計画を進めていることが十二日分かった。同社は「(環境に)影響を与えないような形で工事、運営を考える」とするが、周辺は希少種ナキウサギの生息地だとして、自然保護関係者から反対の声が出ている。

(中略)

 十勝毎日新聞社長室によると、鹿追町から打診を受け検討。系列のホテル会社が同町から建物の無償譲渡を受け同じ規模で改築、然別湖の動植物などについて展示する計画という。駐車場も備える。九月から環境影響調査を行っており、来春にも環境省に事業計画を提出する予定で「許可が得られれば早期に開館したい」としている。

 第一種特別地域は最も規制の厳しい特別保護地区に準じて景観を保護することが求められ、建物の改築などには環境省の許可が必要。約十年前に定められた大雪山国立公園の保護と利用に関する管理計画には、元保養所を「博物展示施設」とする方針が盛られているが、同省は「事業計画を見なくてはコメントできない」(上士幌自然保護官事務所)としている。

 十勝自然保護協会の安藤御史会長は、現場は建設が中止された士幌高原道路予定地の近くだと指摘。「人や車が常時出入りすることでナキウサギなどの生息域を侵す。元保養所を撤去するなど自然に戻すのが一番」と話し、中止を訴えている。



 ほぼ、まるまる転載してしまった…。まぁ、今更ジローなのでアレだが、このブログでナキウサギのエントリを初めて掲載したとき、WRC『世界ラリー選手権』の共催に十勝毎日新聞社(以下、「勝毎」)の名が入っていることを指摘した。

 勝毎は十勝地方で絶大なシェアを誇る地方新聞社で、ブロック紙の北海道新聞社(以下「道新」)ですら足元にも及ばない状況らしい。
 今の景気が、いざなぎ景気と並んだ…とか言われているが、この北海道じゃ景気回復など微塵も感じない。流石の道新も、景気回復の遅れが響いているのか、広告収入は減る一方だとか…。

 そりゃ、ただでさえ足腰の弱い北海道の民間企業。そこから収益を上げようにも「メシの種」がダメダメならば…ってヤツだ。そうなると、購読料である程度を補わなきゃならないってのは明白な事実。

 で、WRCのルート設定に際し、ナキウサギの生息地域をどうの…ってことで、保護団体が噛み付いたわけだが、その際の調査手法や資料の提出を有耶無耶にした運営組織であって、その片棒を担いでいたのが「勝毎」が共催する以前に名を連ねていた毎日新聞社。まぁ、毎日との資本提携は無いのだけど、このイベントの誘致・開催に尽力した2社である。そして「勝毎」は、十勝地方を代表する多角企業でもあって各方面に影響力を持っているだけに、「道内での成功」と「国内の成功」のために、この2社が名を連ねたのは必然だったのだろう。

 で、この「勝毎」と「道新」には、シェア争い以外の怨恨も有る。新聞社の統廃合で1939年に北海タイムス。42年に「道新」に経営統合された経緯があり、52年に日刊紙に復帰している。
 十勝地方の人々の気質は、札幌をライバル視する傾向がある。道新が十勝地方で大苦戦する背景には、気質や過去の出来事も考慮すべきだろう。


 ほいでもって…話は前に戻るけど、そのシェア争いも現状のままでは埒が明かない。そうなると、「記事の内容」で勝負するという本来の形になるのだけど、引用した「道新」の記事ってのは、勝毎に宣戦布告したとも受け取れる罠。それも、「動物愛護」という分かりやすく感情に訴える手段を以って…と(苦笑)。


 このエントリを書くための「物事の見方」ってのは、とても邪だと思う。勿論、現場の記者が「こんなアホなこと」を考えて記事を書いている…とは思えないし、思いたくも無い。だけど、「道新」のナキウサギ報道の在り方に、疑問を感じているのも事実だったりする。

 私見としてだが、『ナキウサギを天然記念物に登録』しようとする動きってのは否定しないし、「保護すべき対象」だと思う。

 その一方で気に入らないのは、保護活動の取材を優先しているようにも見えて、登録を果たした将来に待ち構ええる「地域の問題波及」について全然議論されていないというか、取材源を保護団体と教育委員会に限定して「そうならない」ような報道…つまり、そこに暮らす人々を置き去りにしているようにも見える。

 知床の世界自然遺産の登録では、地域の住民と関係役所、有識者や科学者も交えて議論を積み重ねてきた。時間は掛かるが、「一体化した見解と理解(コンセンサス)」を得るため、それが本来の姿で有ると思う…勿論、全ての要求が満たされるわけではないけど。

 オイラが危惧するのは、転載した記事の青字下線部。道新に掲載されるのはすべて、保護団体に「都合の良い内容」と「言い分」で、偏っているように見える。地域や道内での議論を活発化させるために「報道」するのも手段である筈なのに、青字下線部のような主張だけが先走りし、それが成されていないように見えるのだ。


 地方の医師不足が深刻化するなか、緊急医療体制の整備に道路は必要だ。「ならば、その土地に高度医療を施せる施設を…」と考えるのは安直で、それを整備してみたところで、高給を積んでも医者が来ない現実がある。
 また、流通・経済面をとってみても、同様のことが言えるだろうし、ナキウサギの生息地域の開発を完全に規制してしまうのは、道東とそれ以外の地域を隔離してしまう可能性を多分に孕んでいる≪センシティヴな問題≫でもあると言えるだろう。


 そんな道新のスタンスに、チョット「危うさ」を感じていたので、揶揄するような導入で牽制してみたのだけど…。

 自然の中で写真を撮る者として、ナキウサギの保護に協力したのは山々。だけど、この流れのままで…となるなら、否定材料を見つけてきて、もっと議論する方向へ持ち込みたいな、とも思ってたりする。



 ナキウサギ同様、人間(生活)だって大切 なんだし。


posted by さすらいの道民@管理人 at 23:37| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

NHKの横暴が「善意」を巣食う

 雨で仕事が中止になったのでエロ ネタ画像を探していたら、こんなネタがあったのね。

 臓器移植には莫大な金が掛かるのは周知の事実。オイラも、1億以上の金を集めるだけ集めて、その後の使途が不明瞭だとは思っていた一人だし、乱立する「○○を救う会」の多さに疑問を感じながらも、「善意」に基づいた基金なだけに、どうこう言うつもりはなかった。


 祭りの発端は例によって「2ちゃんねる」なのだが、これまで報道がノータッチしてきた分野にメスを入れたとも言い換えられるだろう。
 結果として報道は、「救う会」の活動を支援する側にならざるを得ない立場だが、「善意の報道」を鵜呑みにすることの恐さをこの問題は物語っている。報道が支援するのは構わないと個人的には思うが、NHK職員や共同通信社の社員が所在を偽ってまで支援に回るのは如何なものかと…IPを抜かれて晒し上げてりゃ世話はないというか、時として2ちゃんねらーは、「その辺の馬の骨(記者)よりも仕事が出来る」ということになってしまったのだが。


 今回、「さくらちゃんを救う会」が槍玉に上げられたのは、両親がNHKの職員である事実を伏せ、「団体職員」と偽って活動に当たっていたことが余計に反感を呼んでいるのだろうが、まぁ、活動する側にしてみたら、昨今の事情を鑑みて「NHKの名を出すのは得策ではない」と思うのは至極当然なのだが、曲りなりも人様の善意に甘える以上、素性を名乗るのが「礼儀」であるというのも、これまた常識の範疇の話。
 

 で、NHK職員であり、それなりの役職に就いている人間が「何故、社会に甘える必要がある?」という方向になった訳だが、「NHK職員の給料は民放よりもずっと高い」という話を、報道関係者から耳にしたことがある。
 たまたまそう言う話になったのだが、オイラと同世代くらいの職員で1千万円前後と言い、NHKの平均給与が約1200万円という数字から大きく乖離していないことからも、事実に近い情報と考えていいだろう。

 一般庶民の感覚からは程遠い高収入を得ているNHK職員の実態が、同世代でその半分くらいの年収で生きている人間たちから「受信料」を得ていること、そして「民事訴訟に出て断固とした姿勢を見せる」とした方針も相俟って、この問題は一層、過熱しているのかもしれない。


 NHKには共済制度もあり、貸付制度を利用すれば手術費用を賄えるのだが…という指摘もある。また、手術当事者は普段通りの生活をしているという側面もあり、渡航して手術を受ける緊急性が見られない。ならば、国内の
「高額医療費貸付制度」を利用する手もあるが、日本の臓器移植制度を鑑みると、「渡米してでも…」という話になるのは納得できる。
 厳しい言い方だが、両親の努力と言うものが全く見えてこないことも事実で、そういった指摘を受けてから、自助努力で3千万円を工面したことを公表するというのも、報道に携わっている以上、「どういった世論の反応があるか?」という認識が不足していたとは考えにくいことも批判の一因だろう。

 一方、「救う会」の不明瞭会計も問題に拍車を掛けている。今回の移植費用は1億3600万円と算出されていたのだが、その内訳は以下のもの。これだって、祭りが無ければ表に出てこなかった事実のひとつなのだが、、、


 ●移植医療費:9,000万円
 ●医療予備費:3,600万円
 ●渡航費:350万円
 ●現地滞在費:500万円
 ●事務局費:150万円



 コレだけの額が必要になるのは、アメリカの医療制度の問題が絡み「保証金」が必要となるからだそうだ。但し、手術が成功した場合は、約8割に当たる1億800万円が病院側から返還されるともある。実質、1800万円くらいで手術は可能なのだが、問題になっているのは、返還された莫大な金額の行方だ。

 莫大な余剰金が返還された段階で、「救う会」は消滅していることがあるわけだが、そうなってしまうと、この金額が「別の救う会」へ寄付と言う形で繰り越されているのかどうか、金の流れが掴めなくなる。
 8000万円もの余剰金があれば、目標とする募金総額は減っていて当然なのだが、今回の場合、目標金額設定が指摘されてからHP上の更新があり、別の募金活動との内訳が酷似し、いかにも「後付け」との指摘もある。

 こうなてくると、募金活動を支援する「TRIO-JAPAN」と「NPO日本移植支援協会」が合同で活動に当たっていることから、ロンダリング疑惑が浮上しても不思議ではないだろう。


 近い内に、先の腎移植の謝礼(臓器売買の問題)を書こうと思っていたのもあったのだが、医療を施す側がリスクを恐れる余り、「倫理」の名を騙って逃げを打っている感が強い。それが国内での臓器移植が進まない理由のひとつとも思うが、「謝礼」をどうこう言ってる時間の間にも、病魔は徐々に体を蝕んでいく。そういった所に、この問題の根っこがあると思うのだが、「NHKの体質」の改善が急務であるのは間違いないし、NHK職員が「(善意を)巣食う会」を発足させなければ、この問題は日の目を見なかっただろう。

 

 そういう意味では、NHKの体を張った問題提起能力はたいしたもんだ…と、素直に思うw


 

※オイラのエントリを読むくらいなら、ここ見た方が話は早いw

●「死ぬ死ぬ詐欺」まとめサイト

http://news.80.kg/index.php?%BB%E0%A4%CC%BB%E0%A4%CC%BA%BE%B5%BD#y178a11f

●2ちゃんねる「育児板」 死ぬ死ぬ詐欺に注意しましょう

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/baby/1158945949/



その他行方不明、疑惑の募金たち…
posted by さすらいの道民@管理人 at 11:26| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 - ネタとかも - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

≪津軽海峡横断国道≫にETC導入?


 タイトルを見ただけで「何かおかしいぞ?」と思うどころか、「こんなエントリを書いているヤツ、絶対にバカだろう?!」と思われるだろうが…。


 「バカ」って言ったヤツがバカなんだい!!ヽ(`∀´)ノ ヤーイ、バーカ!! バーカ!!!


 と、子供じみたことを言うつもりは、チョットだけある 微塵も無い。実は、津軽海峡には3本の国道が走っている。とは言っても実際に道路があるわけではなく、国道279、280、338号という3国道は便宜上…つまり、お役所仕事のためにある国道なのだ。

 「裸の王様」じゃないけど、『オイラをバカにした読者がバカ』だから見えない、ということでは無いので、ご自分への心配は無用(笑)。

 さて、軽くネタ振りしてみたが、見えない国道を走行しているのが、東日本フェリーが運航する船舶。陸上交通や航空網のハイテク化が進む昨今、「置いてきぼり」をくっているのは事実。時間(余暇)を金で買うシステムが構築されて行く中で、船旅は「ゆとり」を与えるし、低予算で旅を楽しむにも貴重な交通手段でもある。まぁ、豪華客船の旅は例外だが…。


 その海上交通も「高速化」の波が押し寄せ、時間を金で買うシステムが整備されつつある。来年夏に導入される予定の青函航路の高速フェリーに、乗船手続きを大幅に簡素化させる方向性が考えられているようだ。


 北海道新聞WEB 2006年10月06日付記事(18時01分配信)

 ETCでドライブスルー乗船 東日本フェリー 函館−青森で導入検討

 東日本フェリーを運航するリベラ(広島県呉市)が、函館−青森間に来夏投入する高速フェリーに自動料金収受システム(ETC)の導入を検討している。乗船手続きを大幅に簡素化して、利便性を高める狙い。高速道路で利用されるETCは海運業界でまだ導入例がなく、同社が初めてになる可能性もある。



 船旅をしたことがある方ならお分かり頂けるだろうが、車を持ち込んで、乗船が完了するまでの行程や制約には、とても面倒臭いものがある。やれ車検証の提示やら、運転者と家族はバラバラに乗船しなきゃならないだとか。

 ETCのシステムは、セットアップ時に車検証の記載事項がデータとして入力されている。高速道路の料金は、その記載事項を元にして「普通車○○円」と表示されるのだが、これを利用して、車両の持ち込み手続きを簡素化させるのだろうし、人間の運賃も同時に徴収するのかもしれないが、ネックになるのは、家族やグループなどの複数の乗船の場合、どうやって料金を徴収するのか…という問題点が残ると考えられる。

 全てを機械任せにしてしまうと、トランクの中に隠れてタダ乗りする輩も出てくるだろうし、「車体専用のETCカードリーダ」を逆手にとって、個人が読み取り機を複数所有することで、極端な話、読み取り機を載せ代えてしまえば、軽自動車の料金で大型車を積み込んでしまうことも可能、という問題も予見できる。


 ETCの導入に際し、そういった問題は当然考えれているだろうが…



 オイラの予想としては、ETC乗船は「車両とドライバーに限る」という、従来のシステムから抜け出せない気がしてならないのだが、それを「大幅な簡素化」と言うのか、果てしなく疑問だ。
posted by さすらいの道民@管理人 at 19:07| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

某北海道ローカルメディアのCMに乗せて…

mirai_kun.jpg

道〜新 読んでる お友達〜♪


教えてあげるね このサイト〜♪


ど〜する? 道〜新…♪


il||li _| ̄|○ il||li 勿論、オイラは知ってたよ〜…
posted by さすらいの道民@管理人 at 18:56| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。