2006年12月01日

久々の更新なのに…

 …どうにも、書く気が起きないw


 そういや、道新と道警絡みの問題を扱ったシンポに参加したときに、市川弁護士が、ポロっとこぼした言葉がある。

 シンポ本来の流れからみれば、取るに足らない言葉なのだけど、これを「共謀罪」と絡めて想像すると、こういったシンポですら、取締りの対象になりかねないだろう。


 市川弁護士の言葉とは、、、

 道警が、このシンポを取材する報道各社へ問うたこと。


 「取材するのか?」


 北海道新聞社が抱える問題は、幹部による身内の不祥事隠しを見逃す代わりに、稲葉事件における「おとり捜査の失敗」を訂正・謝罪せよ…というものだ。

 と同時に、道警による、北海道新聞社・道警記者クラブへの嫌がらせなどにより、現場が困惑しているという状況、そして、道警にとっても道新の影響力は広報に都合が良いという部分もあり、関係改善と称して「手打ち」したことは記憶に新しい。

 道警から報道各社への「取材するのか?」という問いは、≪道新の二の舞になるぞ≫という圧力とも受けとれ、市川弁護士はこれを糾弾した。勿論、道警に「これは事実か?」と聞けば、圧力とは絶対言わないだろう。 

 こういったこと(サグリ)が、共謀罪が成立していない現在でも行われているのに、この法案が成立なんかしようものなら、どうなることだろう。法は常に拡大改正されてきたことを鑑みても、共謀罪が「予見される謀略・犯罪」への対処法で終わるとは思えない…と考えるのが普通だろう。


 はたまら想像を巡らせて、「北海道独立論」を当て嵌めてみると、刑法だと、国家の転覆や内戦に繋がるような行為は、「死刑」が相当とされている。共謀罪が罷り通れば、民衆は独立論すら唱えられずに、戦々恐々。ただただ政府と大企業に食い物にされ続ける北海道…そんな未来しか見えてこないのだけど。



 ああ、なんだろう…

 書く気が起きないとか言いながら、考えが煮詰まらないことをツラツラと書き殴ってしまったw

 つーか、シンポで撮影した写真、肖像権がクリアなら出したいのだけど…


 宝の持ち腐れだ…。 ヽ(´Д`;)ノ
posted by さすらいの道民@管理人 at 20:16| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 - ネタとかも - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。