2005年04月19日

≪人形屋佐吉≫を調べてみた。

 タイトルの通りである。

 先週末の散策で、ついに長年の夢・・・とは大袈裟だが、 札幌市内中心部にヒッソリと佇む店≪人形屋佐吉≫が営業しているのを発見した。

 札幌以外にお住まいの方には、“なんのこっちゃ?” と思われるだろう。この店は札幌市中央区南1条西6丁目という超一等地に店を構えているにも拘わらず、 札幌人でも店のシャッターが開いているのを殆ど見ることが出来ないという不思議スポットであると同時に、 店舗上部の看板の側面の絵が≪薄気味悪い≫ことで、そり一層ミステリアスな雰囲気を作り上げている謎の人形屋として知られている。

  写真(上):≪人形屋佐吉≫全景

   写真(右): ≪人形屋佐吉≫看板側面 

 見るからに≪アヤシイ雰囲気≫なのが伝わるだろうか?      

  

 

 我々は普段、この看板しか目にしないのだから、日本的な人形を扱っている・・・しかも、 店の外観や殆ど開店しない状況から、世間受けしないようなマニアックであり、神秘的な人形を売っている店のイメージが強かった。 かく言う筆者も、浄瑠璃人形の類の店と思い込んでいた。ところが、開店しているショーウインドウを見てビックリ!! 小さな窓の中に並ぶは西洋的な人形であった・・・益々もって不思議空間を醸し出すこの店。

 

 もう、気になって仕方が無いので、ググッてみて尚ビックリである。この店は、 オーナーである片岡佐吉氏が帰札した時にしか開店しないと言う。って言うか、≪人形屋佐吉≫のWEBサイトがあったことにもっと驚いた。気になるその開店頻度はというと、 月に2〜5日…営業時間は15:00〜19:00までのたった4時間・・・ 殆ど営業してないのにどうやって固定資産税払うんだ??と、下世話な想像まで掻き立てられるこの店の魅力は何なんだろうか。

 そこで、視点を変えてオーナーである片岡佐吉氏を調べてみると、人形師であり、人形収集家、 人形プロデューサー、写真家でもあるらしい。札幌育ちで、1978年に同住所に「人形屋佐吉」を開店。 84年に東京表参道に支店を開店とある。とにかく人形への造詣が深い方らしく、気鋭の球状関節人形(アンティークドール) 作家 ≪恋月姫≫女史(北海道出身)の師匠とあった。

 では、この店の看板の側面、≪顔の断面≫は何なのか。これは氏が市松人形のコレクターであり、 写真を通して市松人形の持つ繊細さと歴史を撮り続け、市松人形作家の作品を預かり受ける程の熱意を持った人物・・・その表れと思われる。 とにかく人形に懸ける思いが途轍もなく大きい方らしく、収集した人形を“子供たち”と呼ぶ人形界の巨匠だそうだ。 そして人形の古今東西を問わず、 ファインダーを通してその魅力へ迫り、世に知らしめ続けるのが、“片岡佐吉”という人物の姿のようである。(※googleの “片岡佐吉”イメージ検索結果をリンク)

 

 なるほど・・・≪人形屋佐吉≫にはアンティークドール(球状関節人形) が置かれているのはその様な理由があったのである。              

 (※リンク記事は過去のものです。現在、球体関節人形展は開催されておりません)

 

 

 結論として、片岡佐吉氏と≪人形屋佐吉≫は・・・

 

 

  スゲエ!!

 

 ってことでイイね?

 

 もっと詳しく知りたい方は、ご自分でどうぞ…俺はお腹イッパイなほど調べたから。 多分これ以上出てこないかも・・・何処見ても同じ様な事しか書いてなかったり、書籍の紹介ばかりが検索に引っ掛かるから。

 ブログでも≪人形屋佐吉≫を扱ったものは多いけど、どれも謎スポットとしての扱いや、 その店の内容を書いたものが殆どで、断片的になっている情報を集めてまとめたブログはココだけだと思っております(笑)。

 ここをご覧の方でその他情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、どうぞお気軽に殴り書いて下さい (笑)。

posted by さすらいの道民@管理人 at 21:46| ☀| Comment(4) | TrackBack(4) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
す、すごいけど、コワ・・。
Posted by カオリ at 2005年04月20日 18:54
物事を極限まで極めた方ともなると…こうなるのでしょう。

札幌にお越しの際は、是非見てみてください…東急ハンズと同じ区画にあります(笑)。
Posted by さすらい@コワいけど芸術家として尊敬する(笑) at 2005年04月20日 20:26
佐吉ってホント多彩で。すんごいねぇ〜〜
いつかあたしも店の中みてみたいわぁ・・・
Posted by セーコ at 2005年04月20日 23:45
我思ふ…

今回の≪人形屋佐吉≫営業中発見で何気に“貯め込んだ運”を使い果たしたのでは…と(笑)。

調査中に見たアンティークドール(写真)も凄いです…艶めかしくて。
Posted by さすらい at 2005年04月21日 00:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3049653

この記事へのトラックバック

超巨大?ガーナミルクチョコレート
Excerpt: いや。 市電でございます。 定期券買うためにえっちらおっちら歩いてたんですよ。
Weblog: MINIONS
Tracked: 2005-06-15 20:13

人形屋佐吉
Excerpt: 開いているの初めて見た!! と、びっくりしたのですが、ここを見ると結構あいているらしい。 今までこの時間に目の前の道を通らなかっただけで。 札幌に住み始めて9年目にして初めて見たのでかな..
Weblog: access to “we”.
Tracked: 2005-07-31 22:20

人形屋佐吉
Excerpt: 20年ほど前から縁を頂いている人形屋佐吉「片山佐吉」さんの店は本拠を東京の北青山にある森英恵ビルて移転してからほとんど札幌店は開かずの店の異名をとっていました。 昨年もひととき人形屋佐吉の店が開..
Weblog: 遊びの舞台裏日記
Tracked: 2005-08-24 12:23

同友会・中央東地区会
Excerpt: ☆1月8日生まれの有名人は、 服飾デザイナー<森英恵>ビル地下には古くからのご縁...
Weblog: 横田のつぶやき<映画・交友
Tracked: 2009-01-09 10:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。