2007年03月22日

統一地方選挙告示 嗚呼、北海道は何処へ行く、てか?

 すっかり廃墟と化したこのブログ。最後に(まともに)記事を書いたのは一体、いつの事だろう…ってくらい、ご無沙汰しております。

 気が付けば、統一地方選挙が告示されたのだけど、「景気回復の兆し」ってのがイマイチよう分からん北海道も、知事選及び市町村選が展開され、しばらくは、街宣車に乗ったウグイスのビーチクがピーチク、パーチクと囁き、ピロートークよろしく、日曜の愉しみである朝寝坊を妨害される日々が…なんだかチョット、とてもウザイのです。


 さて、オイラが暮らす札幌も知事選と同時に市長選が開戦されるわけでして、知事選同様にスッキリしないのが、なんちゃって経済界主導による自眠党候補VS眠主党の構図。どうでもいいけど、ウチの近くに創価の本部があって、仮に自眠優勢ともなると、信者どもが活気付いて新聞拡張もとい、布教活動に拍車が掛かると厄介だし、だからと言って眠主は力量的にどうだ?と考えると、札幌市政を見る限りじゃ、なんだかなぁ(´д`;) な状態で、散々、公共事業や福祉の予算を削ってきたのが、この期に及んで、除雪費の余剰金をソッチに回すとか言い出す始末。

 道政もまた然りで、首脳サミット誘致に消極的だった知事が、選挙が目前に迫った途端、「洞爺湖サミット誘致へ」の文字が新聞紙面でレッツ・ダンス♪てか。背景には先にも触れたけど、経済界(と中央)の思惑が絡んでたりするとか。


 もうね、自眠の候補も眠主の候補も、どこ見てるのか分かったモンじゃない。

 夕張に関してもアレだけど、前市長は引退を表明すれば、住民は「無責任だ!!」と騒ぎまくるが、「いや待て!!選んだのは夕張市民だぞ…あんたらの責任は?」と小一時間問い詰めたくなる他人事のような事態に呆れてしまい、すっかり書く気をなくして久しい昨今なのですが、要は、夕張の事態が、北海道そのものに起こり得る事態なのでして、特に札幌市なんかは、雪問題や除雪マナーに代表されるように、自分勝手な連中のスクツなわけで、こうやってブログで騒ぐのに少し疲れたのが、長期無断欠勤の最たる理由なのです。 il||li _| ̄|○ il||li


 で、写真の方へ現実逃避してたわけですが、その間に機材が異常に増加しちまいまして、そろそろ打ち止めにしないと、自己破産しそうなので、たまには文章を書いて、無駄使い削減 リハビリでもしようかと、、、

 そんな選挙告示日。書いてる最中から、街宣車がウルサイわけで、本日から数日は、美瑛と和寒へ静かな環境を求めて、フィルムの消費に勤しんできます。


 ぶっちゃけ、全く興味が湧かない選挙なんだよなぁ…風見鶏な候補者に人気が有るのがようわからん北海道現代事情。(w

posted by さすらいの道民@管理人 at 10:58| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。