2007年11月24日

撮影機材地獄の日々

復活するとか言っておきながら、またも長期の無断欠勤w

さてさて、休載している機関、何に力を入れていたかとい言うと、勿論、撮影…































  _、_
( ,_ノ` )y━・~~~  機材の収集ですが何か?


年明け早々に、F4S(銀塩)に手を出したのがそもそもの始まりなのだけど、真冬の美瑛で電圧が落ちて使い物にならない事態に見舞われ、電池の要らないFM10を追加購入…この間、僅かひと月足らずの出来事。
で、暫く物欲はそれで収まっていたのだけど、その一ヵ月の間、FM10のファインダーの使い難さにイライラが募っていた。そんな折、頑張れば手が届きそうな価格のF100を発見してしまい、そのままお持ち帰りしてしまった。
まぁ、さすがにF5に手を出せるほど金があるわけじゃないし、デカくて重いカメラはF4だけで十分なわけで、防塵・防滴性能の良いフィールド向けの一台を、以前から欲しいと思っていたわけだ。
F100は、Nikonが銀塩事業の縮小の影響で最近に姿を消したカメラゆえ、「万が一」が起きても、まだまだメーカーで対応が可能だし、VRを含めた手持ちのレンズ(これも異常に増えた…気が付けば20本の大台も近いw)を活かすには、現代機が一台あったほうが便利という本音もある。

ただ、銀塩で撮るときは何故か、マニュアルフォーカスばかり。
デジタルと比較して大きいファインダー像を眺めていると、どうしてもMFという拘りが沸いてくる…というのは嘘だけど、F4を使い始めた頃は、温室に篭って花マクロばかり撮っていたので、MFに目がなれてしまったというか、自分の欲しい映像を見逃すことなくジックリと選べるという「当たり前」のことに気が付いたのが最大の理由である…遅蒔きながら。(^^;

そうなってしまうと、「AFレンズはデジタルだけでいいかな?」となってしまい、気が付けば、50ミリ以下のMF単焦点沼にドボン♪


なんだかんだと言ってF100を手にしたが、やはり、電池駆動のカメラゆえに電源問題がネックとなる…3月の小樽でVRを装着して使ったのだけど、新品の電池を使ったにも拘わらず、フィルム2本でハングアップしてしまった。F100は大食漢だとは知っていたが、ここまで酷いとは…。(汗)

で、気が付けばFM10が再び散歩カメラの主役の座に返り咲いたのだが、やっぱりファインダーが暗くてフォーカスに難あり。再び数ヶ月の眠りに入ったのだが、今年になって山登りなんか始めてしまったオイラ、FM10の最大のメリットである軽量コンパクトに三度、その活路を見出した。
ただ、デジタルも併用して登山しているだけに、カメラは軽くても、背負うザックは重量級である…ザックの中に入れてしまえば、カメラなんて、単なる鉄とガラスとプラスティックの塊でしかない(w


カメラを4台(デジイチも入れれば6台)も揃えておきながら、これらの問題点を一挙に解決できるリーサルウエポンが欲しくなる。絶好のシャッターチャンスを逃してしまい、伝えられない悔しさを何度も味わった。その根本的問題から開放されるカメラを考えたとき、脳裏を過ぎったものが、史上最後のメカニカルカメラであるF2であった。

中古ケースでF2(フォトミック)を見るたび、「なんて不恰好なカメラなんだ…」と笑っていたのだが、そのカメラが格好良く思えて仕方が無くなるなんて。
そんな思いが日々強くなり、たまたま見つけた見た目上々のフォトミックSBを格安でゲット。モルトが溶け出してスクリーンを汚してはいたが、モルト張替えの序でに清掃をサービスで清掃してもらい、中身もピカピカ。無料点検ではさしあたっての不具合は無いとの太鼓判まで頂いた。
ただ、手にしたのが最後のガチャガチャ機ゆえ、レンズは爪付きでないと開放測光が使えない。またしてもレンズ沼への切符を手にすることとなった…そして、どうせ落ちるんなら、どこまで落ちてやろうじゃないのと覚悟を、、、

























il||li _| ̄|○ il||li 決められるわけが無い…




なのに、モータードライブまで買ってしまった。。。

そしてまた、厳しい寒さが遅い来る季節を迎えた…F2の実力を試す最高の季節である。その一方で、すっかりマニュアル機の魅力に獲り憑かれてしまい、よりによって、ウェストレベルファインダーのMamiya M645 1000S(中判カメラ)と単体露出計までGET。

序でを言えば、これまで使ってきたPCが夏の暑さでgdgdになってしまい、余計な出費を強制されることになった。おかげで、取材撮影やフィルムに回す資金が無い。





















本末転倒だ。(涙)




でも、気に入って集めたカメラだけに、みんな使って上げているけど…細々と(w

さて、F2の耐寒テストを兼ねて、チョコっと冬山の入り口に足を突っ込んでみようか…なんて思っていたら、上ホロカメットク山で雪崩が起きて4名が死亡という報が。

別に冬山に登ろうなんて思ってはいない。文字通り、登山口でウロウロしようと思っていたのだけどヤメタ…



死んだら借金だけ残るし。(−ω−;)
posted by さすらいの道民@管理人 at 21:32| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 - ネタとかも - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/68891702
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。